ダイエットで筋トレをする際に効果をアップさせるコツとは?

 

ダイエットのために実践する運動としては、大きく有酸素運動と筋トレに分けられますね。

 

脂肪を燃焼させる有酸素運動も人気ですが、自宅で手軽に取り組むことのできる筋トレもダイエットにはおススメです。

 

ここでは、ダイエットで筋トレをする際に効果をさらにアップさせるコツについてご紹介します。

 

ダイエットに筋トレは効果ある?

 

「そもそもダイエットするなら有酸素運動がいいに決まってる!」と思う人もいるかもしれませんね。

 

確かに脂肪をエネルギー源とする有酸素運動と異なり、筋トレのエネルギー源は糖質(グリコーゲン)です。

 

ただ、筋トレをするとその後しばらくは代謝の高い状態が続くことがわかっています。

 

なので、筋トレ後に有酸素運動をしたり出来るだけこまめに動くようにしたりすることで、ダイエット効果がさらにアップするのです!

 

また、筋トレをすることで筋肉量が増えれば基礎代謝がアップするので、何もしていなくてもカロリー消費が高くなるという効果も見込めますね。

 

おすすめの筋トレは?

 

ダイエット目的で筋トレをするのであれば是非行ってほしいのがスクワット。

 

スクワットは「筋トレの王様」とも呼ばれ、お尻回りや太ももなどの下半身をまとめて鍛えることができる、とてもおススメの筋トレなんです。

 

スクワットをする際のコツは、ゆっくりと筋肉を意識しながら行うということ。

 

腰をゆっくりと落としていったら、太ももと床が平行になったところで数秒キープしてからまたゆっくり元に戻しましょう。

 

最初は数回が限界かもしれませんが、無理に数をこなすのではなく、出来る回数をしっかり集中して行うというのがポイントですよ。

 

筋トレの効果アップのコツは?

 

筋トレの効果をアップさせるコツとしては、運動後にタンパク質と糖質を摂るということ。

 

タンパク質は筋肉の元になることで知られていますが、運動後にタンパク質を糖質と一緒に摂ることで、糖質に反応して分泌されるインシュリンの働きにより、糖と一緒にタンパク質も筋肉の中に入っていくんですよ

 

「筋トレを無駄にしたくない!」と、筋トレ後に何も食べないでいると逆に筋肉が分解されてエネルギーに回されてしまうので注意してくださいね。

 

まとめ

 

ダイエットで筋トレをする際に効果をさらにアップさせるコツについてご紹介しました。

 

自宅で空き時間にできる筋トレ、是非ダイエットに取り入れてみて下さいね。