ダイエットに陥りがちな便秘!防ぐための効果的な方法は?

ダイエット中に便秘になってしまった…という経験を持つ人は多いと思います。

便秘になるとお腹が張って痛くなったりするだけでなく、肌荒れしてしまったり気分も落ち込んだりといいことはありませんよね。

そこでこの記事では、ダイエット中に陥りがちな便秘を防ぐための効果的な方法についてご紹介します。

ダイエットで便秘になるのはどうして?

ダイエット中はどうしても便秘になりやすいものですが、その原因にはいくつかあります。

まずは食事の量が全体的に減ってしまうこと。食事を減らせば当然便の量も減りますから、お通じの回数も減ってしまいますね。

また、油の摂取量が減ることも原因の一つ。油はカロリーが高いのでダイエット中は敬遠されますが、減らしすぎると便のすべりが悪くなるので便秘になってしまいます

さらに、食事制限によってストレスが溜まってしまうことでも、自律神経が乱れて腸の機能低下を招くことがあります。

便秘になることで体にはどんな影響が?

便秘と言うのは、単純に便の回数が少ないというだけではなく、健康や美容に大きな影響を及ぼしてしまいます。

腸内に悪玉菌が増加して腸内改善が悪化すると、腸内に毒素が発生します

そしてその毒素は腸壁から吸収されたのちに血液に入り込み、血流に乗って全身を巡ってしまうのです。

その結果、肌荒れや体臭・口臭、頭痛や冷えなどの症状をひき起こしてしまいます。

血液がドロドロになることで、様々な病気の原因になる場合もあるんですよ。

便秘を防ぐ効果的な方法は?

ダイエット中に便秘にならないようにするには、食事量を極端に減らさないということが大事。

特に単品ダイエットや置き換えダイエットなどは便秘になりやすいので要注意です。

野菜や海藻類、キノコ類などの低カロリー食材を積極的に摂るようにすると良いでしょう。また、油も減らしすぎないようにしたいもの。

特にダイエット中はオリーブオイルやオメガ3(えごま油やアマニ油、魚に含まれるDHAなど)を摂るようにしましょう。

そして、ストレスを溜めすぎないのも大事。たまには好きなものを食べたり、運動をしたり趣味の時間を作ったりと適度にストレス解消を心がけましょう。

まとめ

ダイエット中に便秘になりやすい理由、そして便秘を防ぐ方法についてご紹介しました。

便秘はまさにダイエットの敵と言えます。ダイエット中も便秘にならないよう、食事や普段の習慣を見直す必要がありますね