炭水化物ダイエットって本当に効果が出るの?注意点は?

 

炭水化物を減らしたり場合によっては全く摂らないという炭水化物ダイエット。

 

効果が出た、痩せた!という口コミが多い一方、危険だから勧めない…という話もあったりします。

 

実際のところ、炭水化物ダイエットは本当に効果が出て、かつ安全なダイエットだと言えるのでしょうか?

 

炭水化物ダイエットはなぜ痩せる?

 

そもそもどうして炭水化物ダイエットが痩せるのでしょう?

 

それは食後に上がる血糖値と関わりがあります。

 

血糖値は血液中のブドウ糖の量を表した数値ですが、これは糖分を含む炭水化物を食べた後に特に急激に上昇するのです。

 

血糖値が上昇すると、血液中のブドウ糖をエネルギー源として体に取り込む働きのある「インスリン」というホルモンが分泌されるのですが、インスリンには余ったブドウ糖を脂肪として溜め込む働きがあるのです。

 

ですから炭水化物をあまり食べないようにして血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪が溜め込まれにくくするというのが炭水化物ダイエットなのですね。

 

炭水化物ダイエットの危険性とは?

 

「炭水化物を食べなければ血糖値も上がらないから、食べたものは脂肪にならず太らない!」ということで、炭水化物を全く食べないようにする人も中にはいます。

 

でも、このような極端な制限の仕方はとても危険

 

というのは、糖分は脳の重要なエネルギー源だから。

 

また、全身に酸素を運ぶ赤血球のエネルギー源でもあります。

 

まさに生命を維持するために不可欠な栄養素だと言えます。

 

万一炭水化物を完全に抜いてしまうと、脳のエネルギー源が不足して集中力や記憶力が低下したり、疲労感が抜けなかったり…など、日常生活に大きな支障をきたしてしまう可能性があります。

 

また、エネルギー源が不足することで体が筋肉を分解してエネルギーを取り出そうとします。

 

その結果、どんどん筋力が低下して代謝がダウンし、逆に太りやすい体になってしまうのです。

 

炭水化物ダイエットをする際の注意点

 

上記のことから、炭水化物ダイエットをするのであれば「完全に断つのではなく、量を減らす」ということを心がけるようにしましょう。

 

例えば今まで3食でお米を食べていた人は1食のみお米を抜く、もしくは3食全てのお米の量を7割に減らす…など。

 

もし1食のみ炭水化物を抜くのであれば、エネルギー消費の少ない夜がおすすめです。

 

まとめ

 

ここでは、低炭水化物ダイエットは本当に効果のあるダイエットなのか?という点をまとめてみました。

 

健康を害することのないように、炭水化物を減らしすぎずに適度に摂ることが大事だと言えますね。