ウォーキングダイエットはただ行ってもダメ!コツが必要です

 

ウォーキングは、ダイエットに最も適した運動法だと言われていますね。

 

ただし、正しい方法で行わないと、十分な運動効果を得ることはできません

 

ウォーキングを行う時には、こんなところに気を付けてみてくださいね。

 

背筋を伸ばして歩こう

 

ウォーキングでとっても大事になるのが姿勢です。

 

姿勢が悪い人や寒い時期になると、どうしても猫背のままで歩いてしまいますよね。

 

ただ、猫背のままだと十分な運動効果を期待することができません。

 

全身の筋肉に、適度な負荷をかけることができなくなるので、消費できるエネルギー量も少なくなってしまいます

 

ウォーキングを行うなら、しっかりと背を伸ばして行うように気をつけましょう。

 

合った靴を履こう

 

ウォーキングはどんな靴でも構わないと思っていませんか?

 

実は、足の形は人によって大きく違っていて、それに合った靴を履かないと足を痛める原因になってしまうんです。

 

例えば、人により一番長い足指には違いがあります。

 

親指が一番長い人もいれば、人差し指が一番長い人もいますよね。

 

また、偏平足や外反母趾など、足に特徴を持っている人も存在しています。

 

ウォーキングをはじめる前には、足を痛めることがないように合った靴を見つけておきましょう。

 

1日10分からはじめてみよう

 

ウォーキングって、1時間以上行わないと効果がないと思い込んでいませんか?

 

確かに長い時間歩けば、その分だけ脂肪を燃焼しやすくなるので、体重を早く落とすことができます。

 

ただし、今までほとんど運動を行ってこなかった人にとって、1日1時間の散歩はこたえてしまいますよね。

 

運動習慣がなかった人は、1日10分のウォーキングからはじめてみましょう

 

1日10分ウォーキングであれば、運動しなれていない人でも簡単に行うことができ、ウォーキングの楽しさを実感できますよ。

 

まとめ

 

ウォーキングは、ただ行うだけではなく注意点を守ってみてください。

 

そうすれば、短時間で最大のダイエット効果を得ることができますよ。