ウォーキングダイエットはただ行ってもダメ!コツが必要です

 

ウォーキングは、ダイエットに最も適した運動法だと言われていますね。

 

ただし、正しい方法で行わないと、十分な運動効果を得ることはできません

 

ウォーキングを行う時には、こんなところに気を付けてみてくださいね。

 

背筋を伸ばして歩こう

 

ウォーキングでとっても大事になるのが姿勢です。

 

姿勢が悪い人や寒い時期になると、どうしても猫背のままで歩いてしまいますよね。

 

ただ、猫背のままだと十分な運動効果を期待することができません。

 

全身の筋肉に、適度な負荷をかけることができなくなるので、消費できるエネルギー量も少なくなってしまいます

 

ウォーキングを行うなら、しっかりと背を伸ばして行うように気をつけましょう。

 

合った靴を履こう

 

ウォーキングはどんな靴でも構わないと思っていませんか?

 

実は、足の形は人によって大きく違っていて、それに合った靴を履かないと足を痛める原因になってしまうんです。

 

例えば、人により一番長い足指には違いがあります。

 

親指が一番長い人もいれば、人差し指が一番長い人もいますよね。

 

また、偏平足や外反母趾など、足に特徴を持っている人も存在しています。

 

ウォーキングをはじめる前には、足を痛めることがないように合った靴を見つけておきましょう。

 

1日10分からはじめてみよう

 

ウォーキングって、1時間以上行わないと効果がないと思い込んでいませんか?

 

確かに長い時間歩けば、その分だけ脂肪を燃焼しやすくなるので、体重を早く落とすことができます。

 

ただし、今までほとんど運動を行ってこなかった人にとって、1日1時間の散歩はこたえてしまいますよね。

 

運動習慣がなかった人は、1日10分のウォーキングからはじめてみましょう

 

1日10分ウォーキングであれば、運動しなれていない人でも簡単に行うことができ、ウォーキングの楽しさを実感できますよ。

 

まとめ

 

ウォーキングは、ただ行うだけではなく注意点を守ってみてください。

 

そうすれば、短時間で最大のダイエット効果を得ることができますよ。

 

 

 

適量の普通の食事でダイエット!食後は歯磨きをするべし!

 

ダイエットをしてきれいに痩せたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

 

ただ痩せるのではなく健康的にきれいに痩せるには、食事をしっかりとることが大切です。

 

健康的であるために適量の食事をとりながら、余計な間食をなくしダイエットへ導く方法をご紹介させていただきます。

 

間食はダイエットの大敵!甘い誘惑に負けないで間食をなくそう

 

 カロリーの高い食べ物ばかり食べていたり、栄養が偏った食事や間食が多いと、人間は普段の生活ではカロリーが消費しきれず太ってしまいます。

 

栄養面を考えてバランスよく適量の食事をとり間食をなくせば、ブクブクと太ることは考えにくいでしょう。

 

朝昼晩の3食の食事とは別に、甘いものや高カロリーな物が食べたいと誘惑に負け間食をしている方は、これまでの間食をなくすだけでも、摂取カロリーが抑えられ健康的なダイエットが期待できるでしょう。

 

運動やマッサージなどの手間は不要!普段通りの生活で間食をなくす方法 

 

太っていると悩んでいる方の中には、運動などダイエットのために普段の生活に何かをプラスすることが面倒くさいという方も多いのではないでしょうか。

 

このような面倒な手間が不要で、普段通りの生活の中で間食をなくす方法をご紹介させていただきます。

 

その間食をなくす方法とは、間食をする前に食後に歯磨きをすることです。

 

食事をして一息ついた後は甘いスイーツなどが欲しくなりがちです。

 

しかし間食をする前に食後に歯磨きをすることで口の中がさっぱりとし、甘いものや脂っこいものを続けて食べたいという気持ちにも少なからずブレーキをかけることができるでしょう。

 

また、間食をしたらまた歯磨きをしなくてはいけないと考えると、それもまた面倒なので、先に歯磨きをしてしまえば間食の欲求を抑える効果も期待できるのです。

 

食べたいものを食べる生活では、普段通りの食事をして、甘いものを食べて、しょっぱいものが欲しくなって食べて、また甘いものを食べて、満足して最後に歯磨きをすることが多いかもしれません。

 

しかし、間食にたどり着く前に歯磨きをしてしまうというように、歯磨きのタイミングを意識すると、間食も抑えられ一日の摂取カロリーも抑えることにつながるでしょう。

 

まとめ

 

ダイエットをしたいという気持ちがあれば、歯磨き後に甘いものが食べたくなっても、歯磨きをしたから食べるのをやめようというように、歯磨きが間食を一度抑える後押しになることでしょう。

 

また、歯磨きは皆が普段の生活のなかで誰もがしていることなので、簡単に実行することができます。

 

歯磨きのタイミングを少し意識するだけで、間食を抑えられ、一日の摂取カロリーも減るのでダイエットも期待できます。

 

急に激しい運動のダイエットや食事制限が難しい方は、体に無理のない間食を減らすことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

置き換えダイエットを行うなら!気をつけたい3つのポイント

 

早くダイエットしたいときに有効なのが、置き換えです。

 

置き換えを行えば、一日の摂取カロリーを大幅に抑えることができるので、早く痩せたいときに便利になりますよ。

 

ただ、おこなうときにはちょっとしたポイントも把握しておきたいところです。

 

そこで、効果的な置き換えダイエットの方法をご紹介しましょう。

 

夜に行うと効果的

 

置き換えダイエットは、夜に行うと最大限の効果を期待することができますよ。

 

まず、夕食を食べた後には体を動かす機会はありません。

 

お風呂に入って後は寝るだけになっているので、エネルギーを発散することが難しくなってきます。

 

このタイミングで、がっつりとした食事を摂ってしまうと、エネルギーを消費できず太ってしまいますね

 

夕ご飯代わりに置き換え食品を利用すれば、摂取カロリーを抑えられるのでスムーズに痩せられますよ。

 

いろいろな商品を利用しよう

 

最近は、いろいろな置き換え食品が販売されていることを知っていますか?

 

一般的なシェイクからスープタイプ、クッキーなどいろいろな商品が販売されています。

 

一種類だけの置き換え商品だけでダイエットしてしまうと、同じ味ばかりになってしまうので、どうしても飽きやすくなってしまうもの。

 

その点、いろいろな商品を日替わりで試せば、飽きることなく続けていくことができますよ

 

置き換えは一日二食まで

 

これはとっても大事なことになるのですが、いくら早く痩せたいと思っていても、置き換えは一日二食までに抑えておきましょう。

 

置き換え食品は、いろいろな栄養素を含んでいますがカロリー自体はとても低くなっています。

 

三食すべてを置き換え食品にしてしまうと、カロリー不足になりめまいや貧血、お肌の荒れを引き起こしてしまうんです

 

せっかく痩せることができても、体調不良になってしまっては意味がありませんよね。

 

健康を守るためにも、一日一食か二食に抑えましょう。

 

まとめ

 

置き換え食品は、ダイエットの強い味方になりますよね。

 

ただ、効果を期待するためにも気をつけたい部分に注目してみましょう。

 

炭水化物ダイエットって本当に効果が出るの?注意点は?

 

炭水化物を減らしたり場合によっては全く摂らないという炭水化物ダイエット。

 

効果が出た、痩せた!という口コミが多い一方、危険だから勧めない…という話もあったりします。

 

実際のところ、炭水化物ダイエットは本当に効果が出て、かつ安全なダイエットだと言えるのでしょうか?

 

炭水化物ダイエットはなぜ痩せる?

 

そもそもどうして炭水化物ダイエットが痩せるのでしょう?

 

それは食後に上がる血糖値と関わりがあります。

 

血糖値は血液中のブドウ糖の量を表した数値ですが、これは糖分を含む炭水化物を食べた後に特に急激に上昇するのです。

 

血糖値が上昇すると、血液中のブドウ糖をエネルギー源として体に取り込む働きのある「インスリン」というホルモンが分泌されるのですが、インスリンには余ったブドウ糖を脂肪として溜め込む働きがあるのです。

 

ですから炭水化物をあまり食べないようにして血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪が溜め込まれにくくするというのが炭水化物ダイエットなのですね。

 

炭水化物ダイエットの危険性とは?

 

「炭水化物を食べなければ血糖値も上がらないから、食べたものは脂肪にならず太らない!」ということで、炭水化物を全く食べないようにする人も中にはいます。

 

でも、このような極端な制限の仕方はとても危険

 

というのは、糖分は脳の重要なエネルギー源だから。

 

また、全身に酸素を運ぶ赤血球のエネルギー源でもあります。

 

まさに生命を維持するために不可欠な栄養素だと言えます。

 

万一炭水化物を完全に抜いてしまうと、脳のエネルギー源が不足して集中力や記憶力が低下したり、疲労感が抜けなかったり…など、日常生活に大きな支障をきたしてしまう可能性があります。

 

また、エネルギー源が不足することで体が筋肉を分解してエネルギーを取り出そうとします。

 

その結果、どんどん筋力が低下して代謝がダウンし、逆に太りやすい体になってしまうのです。

 

炭水化物ダイエットをする際の注意点

 

上記のことから、炭水化物ダイエットをするのであれば「完全に断つのではなく、量を減らす」ということを心がけるようにしましょう。

 

例えば今まで3食でお米を食べていた人は1食のみお米を抜く、もしくは3食全てのお米の量を7割に減らす…など。

 

もし1食のみ炭水化物を抜くのであれば、エネルギー消費の少ない夜がおすすめです。

 

まとめ

 

ここでは、低炭水化物ダイエットは本当に効果のあるダイエットなのか?という点をまとめてみました。

 

健康を害することのないように、炭水化物を減らしすぎずに適度に摂ることが大事だと言えますね。

 

 

 

ダイエットは芸能人を見本・目標にして頑張ってみよう

 

スタイルの良い芸能人を見本に

 

ダイエットを成功させるには目標の人を見つけると良いです。

 

ですから、自分がこうなりたい、というスタイルの良い芸能人を見つけてみましょう。

 

そして素敵だと思う芸能人にジーンズが似合う人というのがいます。

 

テレビで開催されるベストジーニストという企画にも注目している人はいるでしょう。

 

男女問わずジーンズファッションというのは楽に、気軽に着こなすことができますから、ジーンズ嫌いという人は少ないのではないでしょうか。

 

ですがジーンズも、太っているとお尻のラインが引き締まっていなかったり、太もものパツパツ部分が目立ちかっこよく着こなせないものです。

 

ですから普段あまりはかない人も素敵なジーニストを見つけてダイエットの参考にしてみましょう

 

芸能人も行くエステでダイエット

 

芸能人が結婚するとテレビでドレス姿を披露したり、雑誌に載ることも多くなりますが、そういった時にわかるのがウエストの細さです。

 

芸能人は特に様々な角度から写真やビデオを撮られ、注目の的になるので、どこから見られても平気なように体を鍛えるダイエットをしているようなことも少なくありません。

 

一般の人でも結婚式の時は写真などで自分の姿が一生残るので、とびっきりに美しくなりたいと思うものですし、今のドレスは露出が多いものがおおいので、エステに行っておいたほうがいいかもしれません。

 

エステに行けば栄養管理から健康的なダイエット方法まで指導してもらえるので、芸能人のようになりたい人はエステの力を借りてダイエットしてみても良いでしょう。

 

芸能人にも人気の和食を

 

日本の食卓に欠かせないものと言えば和の食材ですが、和食に多く登場する海藻類やきのこは食物繊維も豊富で、腸内環境を良くするにも最適です。

 

また、カロリーも少なく使いやすいことで日本食の食卓に並べられることも多いでしょう。

 

和食は健康と美容、ダイエットにも良いということで日本の芸能人だけでなく外国のセレブにも注目されています。

 

そして大豆製品は特に丈夫な体を作るのにも欠かせないものとして人気です。

 

芸能人が注目している食事もチェックしてダイエットをしてみましょう

 

 

 

ダイエットのための運動は学生時代を思い出すようにしよう

 

ダイエットには自転車を

 

ダイエットのため、仕事場への通勤やちょっとした買い物には車ではなくて自転車を利用する人も多くなってきています。

 

自転車はガソリン代も不要なので、ダイエットの他、節約や健康のためにもなるので要チェックでしょう。

 

子供から大人まで便利に使えるアイテムです。

 

小回りが利きますし、ちょっとしたところにも止めておけるので良いでしょう。

 

また、大人になって運転免許があるとついつい自転車が面倒にもなりますが、学生時代はどこに行くにも自転車だったから代謝が良かった、太らなかったということもあるものです。

 

ですからダイエット時は学生時代を思い出して快適に自転車に乗るようにもしましょう。

 

学生の頃夢中になった運動でダイエット

 

学生の頃、部活でバレーボールなどの球技をやっていたという方も多いと思います。

 

ですから大人になって運動不足やダイエットの必要性を感じると、また始めてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

バレーボールは社会人になってもサークルなどで行えることも多いので、ダイエットのための運動は学生時代に行っていた運動に目を向けてみても良いでしょう

 

ですが、長い期間やっていないとプレーも基礎から鍛えなおす必要があります。

 

ですから基礎をわかりやすく教えてくれるサークルがあると良いでしょう。

 

基礎を思い出すことができれば、しばらくブランクがある方も、なかなか練習ができない方も気軽に参加することができます。

 

ダイエットも楽しくなるでしょう。

 

若い気持ちになってダイエット意欲を出す

 

運動するときや良く歩くときはカジュアルなファッションが良いです。

 

ダイエットの効果と服は関係ないと思う人もいますが、見た目に自信があるとモチベーションもあがりますし、ダイエット意欲もわきます

 

いつもよりもちょっと若い服装にしたり、学生時代を思い出すような服装をすることによってダイエットも頑張ろうという気持ちになるでしょう。

 

 

 

ダイエットに陥りがちな便秘!防ぐための効果的な方法は?

 

ダイエット中に便秘になってしまった…という経験を持つ人は多いと思います。

 

便秘になるとお腹が張って痛くなったりするだけでなく、肌荒れしてしまったり気分も落ち込んだりといいことはありませんよね。

 

そこでこの記事では、ダイエット中に陥りがちな便秘を防ぐための効果的な方法についてご紹介します。

 

ダイエットで便秘になるのはどうして?

 

ダイエット中はどうしても便秘になりやすいものですが、その原因にはいくつかあります。

 

まずは食事の量が全体的に減ってしまうこと。

 

食事を減らせば当然便の量も減りますから、お通じの回数も減ってしまいますね。

 

また、油の摂取量が減ることも原因の一つ。

 

油はカロリーが高いのでダイエット中は敬遠されますが、減らしすぎると便のすべりが悪くなるので便秘になってしまいます

 

さらに、食事制限によってストレスが溜まってしまうことでも、自律神経が乱れて腸の機能低下を招くことがあります。

 

便秘になることで体にはどんな影響が?

 

便秘と言うのは、単純に便の回数が少ないというだけではなく、健康や美容に大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

腸内に悪玉菌が増加して腸内改善が悪化すると、腸内に毒素が発生します

 

そしてその毒素は腸壁から吸収されたのちに血液に入り込み、血流に乗って全身を巡ってしまうのです。

 

その結果、肌荒れや体臭・口臭、頭痛や冷えなどの症状をひき起こしてしまいます。

 

血液がドロドロになることで、様々な病気の原因になる場合もあるんですよ。

 

便秘を防ぐ効果的な方法は?

 

ダイエット中に便秘にならないようにするには、食事量を極端に減らさないということが大事。

 

特に単品ダイエットや置き換えダイエットなどは便秘になりやすいので要注意です。

 

野菜や海藻類、キノコ類などの低カロリー食材を積極的に摂るようにすると良いでしょう。

 

また、油も減らしすぎないようにしたいもの。

 

特にダイエット中はオリーブオイルやオメガ3(えごま油やアマニ油、魚に含まれるDHAなど)を摂るようにしましょう。

 

そして、ストレスを溜めすぎないのも大事。

 

たまには好きなものを食べたり、運動をしたり趣味の時間を作ったりと適度にストレス解消を心がけましょう。

 

まとめ

 

ダイエット中に便秘になりやすい理由、そして便秘を防ぐ方法についてご紹介しました。

 

便秘はまさにダイエットの敵と言えます。

 

ダイエット中も便秘にならないよう、食事や普段の習慣を見直す必要がありますね

 

 

 

ダイエットで筋トレをする際に効果をアップさせるコツとは?

 

ダイエットのために実践する運動としては、大きく有酸素運動と筋トレに分けられますね。

 

脂肪を燃焼させる有酸素運動も人気ですが、自宅で手軽に取り組むことのできる筋トレもダイエットにはおススメです。

 

ここでは、ダイエットで筋トレをする際に効果をさらにアップさせるコツについてご紹介します。

 

ダイエットに筋トレは効果ある?

 

「そもそもダイエットするなら有酸素運動がいいに決まってる!」と思う人もいるかもしれませんね。

 

確かに脂肪をエネルギー源とする有酸素運動と異なり、筋トレのエネルギー源は糖質(グリコーゲン)です。

 

ただ、筋トレをするとその後しばらくは代謝の高い状態が続くことがわかっています。

 

なので、筋トレ後に有酸素運動をしたり出来るだけこまめに動くようにしたりすることで、ダイエット効果がさらにアップするのです!

 

また、筋トレをすることで筋肉量が増えれば基礎代謝がアップするので、何もしていなくてもカロリー消費が高くなるという効果も見込めますね。

 

おすすめの筋トレは?

 

ダイエット目的で筋トレをするのであれば是非行ってほしいのがスクワット。

 

スクワットは「筋トレの王様」とも呼ばれ、お尻回りや太ももなどの下半身をまとめて鍛えることができる、とてもおススメの筋トレなんです。

 

スクワットをする際のコツは、ゆっくりと筋肉を意識しながら行うということ。

 

腰をゆっくりと落としていったら、太ももと床が平行になったところで数秒キープしてからまたゆっくり元に戻しましょう。

 

最初は数回が限界かもしれませんが、無理に数をこなすのではなく、出来る回数をしっかり集中して行うというのがポイントですよ。

 

筋トレの効果アップのコツは?

 

筋トレの効果をアップさせるコツとしては、運動後にタンパク質と糖質を摂るということ。

 

タンパク質は筋肉の元になることで知られていますが、運動後にタンパク質を糖質と一緒に摂ることで、糖質に反応して分泌されるインシュリンの働きにより、糖と一緒にタンパク質も筋肉の中に入っていくんですよ

 

「筋トレを無駄にしたくない!」と、筋トレ後に何も食べないでいると逆に筋肉が分解されてエネルギーに回されてしまうので注意してくださいね。

 

まとめ

 

ダイエットで筋トレをする際に効果をさらにアップさせるコツについてご紹介しました。

 

自宅で空き時間にできる筋トレ、是非ダイエットに取り入れてみて下さいね。

 

 

 

コンビニ商品に注目!これであなたも簡単ダイエットに成功できる

 

ダイエットでは、自炊したり高価なダイエット食品を買わなければいけないと思い込んではいませんか?

 

実は、コンビニにもダイエットに効果的で安価な食品がたくさん販売されています。

 

賢くダイエットするためにも、コンビニ商品を利用しちゃいましょう。

 

空腹を和らげてくれる無糖炭酸

 

お腹がすいて仕方ないときに利用したいのが、コンビニで販売されている無糖炭酸です。

 

炭酸は、飲んだ時にお腹が膨らみやすくなっているので、空腹感を改善する効果があるんです

 

またご飯前に飲むことにより、ご販の食べすぎを抑えてくれますよ。

 

無糖炭酸は、糖分が全く含まれていないのでいくら飲んでもOKという点も魅力の一つ。

 

しかもグレープフルーツやレモン、コーラなどスッキリとした味のものもあるので、飲みやすいです。

 

野菜不足を補えるサラダ

 

ダイエットを行うと、誰もが悩みを感じる点が栄養不足です。

 

栄養不足に陥ってしまうとお肌のつやがなくなったり、髪がぱさぱさになるなど問題を感じてしまいますね。

 

この悩みも、コンビニで売っているサラダを購入することで解消しやすくなりますよ。

 

コンビニで販売されているサラダは、キャベツやレタス、大根、ニンジンなど様々な野菜を取り入れているので、一度にたくさんの栄養成分を摂取しやすくなります。

 

ダイエット中に不足しがちになる緑黄色野菜もがっちりと摂取できるので、美容面での問題を感じることがなくなってきますよ。

 

カロリー控えめのチョコ

 

ダイエット時には甘いお菓子は厳禁!

 

そう思っていても、甘いものを諦めることはなかなかできません。

 

そんな時、コンビニで販売されている糖質オフのチョコレートはダイエッターの力になってくれるはずですよ。

 

カロリーオフチョコには、砂糖の代わりにカロリーの低い甘味料が使用されています。

 

そのため、食べたとしても体重増加を不安に思うこともなくなってきます。

 

まとめ

 

忙しいと、自炊をすることも難しくなってきますね。

 

そんな時には、コンビニで販売されている商品を上手に活用しながらダイエットに励みましょう